生命保険を使った節税の対策

保険金の多くは課税されますが、種類によって、幾つかの場合について非課税枠があります。

 

例えば、障害、高度障害、後遺障害、医療の際の保険金、疾病、入院、通院、手術、特定疾病

 

の給付金、リビングニーズ特約の保険金、介護年金や介護一時金などの病気や怪我にかかわる

 

保険金や給付金は非課税枠に入ります。また、個人年金保険や死亡保険金の場合、保険の契約

 

者、被保険者、受取人の関係により非課税枠に入る場合もあります。課税される場合でも、贈

 

与税の対象となる保険金の場合、受取人を変更するなどして他のより課税率が小さい税の対象

 

となるようにするようにすると節税になります。生命保険の保険金は課税される場合がありま

 

すが、保険料の支払いの際には控除がありますので支払った金額のある分は戻り結果的に節税

 

になります。具体的には、公的年金の掛金の全額が社会保険料として控除され、厚生年金基金

 

でも全額が非課税となります。更に、個人年金保険料への控除があります。

 

保険や年金については、様々の制度が無関係に制定されていますので、統一的な制度の制定が

 

望まれていますが、当面は、現状についての十分な調査が必要です。

 

十分な調査を行い、制度を上手に利用すると節税になる場合が多くあります。