算定のやり方

さまざまな場面で税金が発生することになりますが、支払うべき税金の金額というのは、工夫

 

次第で減らすことが可能なのです。もちろん、脱税をすることは許されないことですが、税金

 

を減らす方法は、脱税ばかりではありません。いろいろな節税対策方法があり、よく利用され

 

ています。

 

 

課税の対象となる物によって、支払う税金は変わってきます。

 

課税遺産額の算定方法をしっかりと理解することが大切になります。これは、課税価額の合計

 

金額から、遺産にかかる基礎控除額を差し引いた金額です。対象となる人が実子だけの場合

 

と、養子もいる場合とで、参入する人数が違うので、気をつけて計算しなければなりません。

 

課税遺産額を確定することが、税金の金額を計算するための最初のステップです。

 

 

また、財産について計算する場合は、取得金額がいくらであるかという点も重要です。記録を

 

確認して、正確な金額を知っておく必要があります。

 

 

そして、民法で定められている法定相続分の計算も大切です。配偶者と子どもの場合はそれぞ

 

れ2分の1ずつとなり、配偶者と直系尊属の場合は、配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1

 

となり、配偶者と兄弟姉妹の場合は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1となります。