家屋を修繕して節税する

家などを子供などに引き継ぐ時には、税金が発生します。またそれとは別に預貯金等があって

 

も税金が発生します。この組み合わせと減価償却費をうまく使うと引き継ぐ税金の節約が出来

 

ます。建物えお引き継ぐ時にかかる税金の評価は、建築費の大体6割程度とされる固定資産税

 

評価額を当初額とし、建物の経過年数により減価償却費が順次減額されていきます。

 

ある期間たって建物の修繕を行うと預貯金などの資産が減少しますので、資産を引き継いだ後

 

のいずれかの時期に売却の目的などで修繕が必要と予想される場合、何もせずに建物と預貯金

 

を引き継ぐ時と比較すると税金を節約する事ができます。建物の評価額は、修繕をする事で上

 

がりますが、通常はかけた修繕費の6割程度しかあがりませんので、この方法で資産を見かけ

 

上少なくする事が出来るわけです。この様に、現在の資産の持ち主が生きているうちに修繕を

 

済ませる事は、その後の事を考えると有効な節税策となります。

 

同じ理由で、所有地の整地、雑木の伐採、造成も行っておく事も節税に有効です。

 

この場合の作業にかかる費用も預貯金で持っていれば課税対象になりますが、生前にこの様な

 

費用として使えば税金を減らすことができます。これらの作業の結果、その物件が売却しやす

 

くなっても、評価額を増加させることにはなりませんので節税になります。