各種控除について

財産などの権利・義務の継承には、税金がかかります。場合によっては控除を受けることが

 

でき、税金が安くなる場合があります。税額控除を活用することで税金を節約することができ

 

るのです。控除は複数あり、基礎控除、贈与税額控除、配偶者控除、未成年者控除、相次相続

 

控除、外国税額控除になります。障害者控除もあり、これは、障害者が法が定める継承人にな

 

った場合に、税金が安くなる控除です。相次相続控除は、10年以内に立て続けに財産などの継

 

承があった場合に、2回目以降の一部が免除される控除になります。1回目のあとに、直ぐに次

 

の継承が発生すると、それを受ける人は大変な思いをするために、それを軽減する目的がある

 

のがこの控除です。外国税額控除は、海外で継承による税金を支払った場合に、その金額分を

 

日本の継承にかかる税金から控除するものです。海外に財産がある場合に、外国で税金を支払

 

うことがあります。これは、贈与税額控除と同様に税金を二重払いしてしまうことがあり、

 

それを防止するための目的がある控除です。これらの各税金控除をうまく活用するためには、

 

専門家に相談することが不可欠になってきますので、活用を考えている場合は早めの相談をす

 

るといいでしょう。