遺産分割を利用した節税対策

遺産を分割する際には、税金のことを意識して行動することが大切です。

 

ごく普通に遺産の分割を行ってしまうと、本来の高い税率で税金を支払うことになるのです

 

が、いくつかの点に気をつけておくと、税金の金額を低くすることができるのです。支払うべ

 

き税金を支払わずに済ませるのは脱税となり、絶対に許されないことですが、支払わなくても

 

よい税金まで支払ってしまうのは、非常にもったいないことです。脱税は認められませんが

 

、節税は立派な税金対策の1つです。

遺産を分割する方法には、いくつかの方法があります。たとえば、現物分割というものです。

 

これは、財産を現金に換える手続きを取らず、そのまま分割するものです。1つ1つの個別の

 

財産について、それぞれ所有者を決めていく方法で、一般的な分割方法とされています。

 

また、共有分割という方法では、財産について、持ち分を定めて共有する方法です。共有者の

 

間で話し合いがまとまる場合は、共有分割という方法も便利に利用することができます。

 

 

税金面で有利な扱いを受けるために、特に気をつけておきたいのが取得費加算の特例です。

 

これは、土地・建物・株式などを、一定の期間内に譲渡した場合、税金額のうちの一定金額を取

 

得費に加算することができるというものです。