‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

養子縁組のやり方

2014/02/07

子どものいない夫婦が養子として子どもを迎え育てることがありますが、税金の節約対策とし

 

て行われる養子縁組もあります。

 
人が亡くなった際には、その人が保有していた財産が税金の基礎控除額(5000万円+1000万

 

円×財産を引き継ぐ人の数)を超えた場合に、その超えた価格に対して税金が課税されます

 

が、財産を引き継ぐ子どもの数が増えれば、それだけ控除される金額が増え、支払う税金を減

 

らすことができます。
財産を引き継ぐ子どもの数は、養子の縁組をすることで増やすことができ、基礎控除の対象に

 

することができる養子の人数には制限があります。

 
養子にできる人数は実子がいるかどうかにより差があり、実子がいる場合には1人のみ、

 

実子がいない場合には2人までとされています。

 
さらに財産を引き継ぐ子どもの数が増えると、生命保険金の非課税金額を計算する際にも、

 

減額の要素となります。

 
税金の節約対策を考える場合には、財産を引き継ぐ子どもの数が多ければ多いほど、

 

支払うべき税額を少なくすることが可能です。

 
実際には税金の節約対策のために、実子の孫を養子にするなどの対策が行われているケースも

 

少なくありません。

 
税金を支払うために、泣く泣く財産を手放すようなことを避けるためにも、節税対策として養

 

子を迎えることも、選択肢のひとつとして考慮してみてはいかがでしょうか。

遺産分割を利用した節税対策

2014/02/07

遺産を分割する際には、税金のことを意識して行動することが大切です。

 

ごく普通に遺産の分割を行ってしまうと、本来の高い税率で税金を支払うことになるのです

 

が、いくつかの点に気をつけておくと、税金の金額を低くすることができるのです。支払うべ

 

き税金を支払わずに済ませるのは脱税となり、絶対に許されないことですが、支払わなくても

 

よい税金まで支払ってしまうのは、非常にもったいないことです。脱税は認められませんが

 

、節税は立派な税金対策の1つです。

遺産を分割する方法には、いくつかの方法があります。たとえば、現物分割というものです。

 

これは、財産を現金に換える手続きを取らず、そのまま分割するものです。1つ1つの個別の

 

財産について、それぞれ所有者を決めていく方法で、一般的な分割方法とされています。

 

また、共有分割という方法では、財産について、持ち分を定めて共有する方法です。共有者の

 

間で話し合いがまとまる場合は、共有分割という方法も便利に利用することができます。

 

 

税金面で有利な扱いを受けるために、特に気をつけておきたいのが取得費加算の特例です。

 

これは、土地・建物・株式などを、一定の期間内に譲渡した場合、税金額のうちの一定金額を取

 

得費に加算することができるというものです。

各種控除について

2014/02/07

財産などの権利・義務の継承には、税金がかかります。場合によっては控除を受けることが

 

でき、税金が安くなる場合があります。税額控除を活用することで税金を節約することができ

 

るのです。控除は複数あり、基礎控除、贈与税額控除、配偶者控除、未成年者控除、相次相続

 

控除、外国税額控除になります。障害者控除もあり、これは、障害者が法が定める継承人にな

 

った場合に、税金が安くなる控除です。相次相続控除は、10年以内に立て続けに財産などの継

 

承があった場合に、2回目以降の一部が免除される控除になります。1回目のあとに、直ぐに次

 

の継承が発生すると、それを受ける人は大変な思いをするために、それを軽減する目的がある

 

のがこの控除です。外国税額控除は、海外で継承による税金を支払った場合に、その金額分を

 

日本の継承にかかる税金から控除するものです。海外に財産がある場合に、外国で税金を支払

 

うことがあります。これは、贈与税額控除と同様に税金を二重払いしてしまうことがあり、

 

それを防止するための目的がある控除です。これらの各税金控除をうまく活用するためには、

 

専門家に相談することが不可欠になってきますので、活用を考えている場合は早めの相談をす

 

るといいでしょう。

算定のやり方

2014/02/07

さまざまな場面で税金が発生することになりますが、支払うべき税金の金額というのは、工夫

 

次第で減らすことが可能なのです。もちろん、脱税をすることは許されないことですが、税金

 

を減らす方法は、脱税ばかりではありません。いろいろな節税対策方法があり、よく利用され

 

ています。

 

 

課税の対象となる物によって、支払う税金は変わってきます。

 

課税遺産額の算定方法をしっかりと理解することが大切になります。これは、課税価額の合計

 

金額から、遺産にかかる基礎控除額を差し引いた金額です。対象となる人が実子だけの場合

 

と、養子もいる場合とで、参入する人数が違うので、気をつけて計算しなければなりません。

 

課税遺産額を確定することが、税金の金額を計算するための最初のステップです。

 

 

また、財産について計算する場合は、取得金額がいくらであるかという点も重要です。記録を

 

確認して、正確な金額を知っておく必要があります。

 

 

そして、民法で定められている法定相続分の計算も大切です。配偶者と子どもの場合はそれぞ

 

れ2分の1ずつとなり、配偶者と直系尊属の場合は、配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1

 

となり、配偶者と兄弟姉妹の場合は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1となります。

家屋を修繕して節税する

2014/02/07

家などを子供などに引き継ぐ時には、税金が発生します。またそれとは別に預貯金等があって

 

も税金が発生します。この組み合わせと減価償却費をうまく使うと引き継ぐ税金の節約が出来

 

ます。建物えお引き継ぐ時にかかる税金の評価は、建築費の大体6割程度とされる固定資産税

 

評価額を当初額とし、建物の経過年数により減価償却費が順次減額されていきます。

 

ある期間たって建物の修繕を行うと預貯金などの資産が減少しますので、資産を引き継いだ後

 

のいずれかの時期に売却の目的などで修繕が必要と予想される場合、何もせずに建物と預貯金

 

を引き継ぐ時と比較すると税金を節約する事ができます。建物の評価額は、修繕をする事で上

 

がりますが、通常はかけた修繕費の6割程度しかあがりませんので、この方法で資産を見かけ

 

上少なくする事が出来るわけです。この様に、現在の資産の持ち主が生きているうちに修繕を

 

済ませる事は、その後の事を考えると有効な節税策となります。

 

同じ理由で、所有地の整地、雑木の伐採、造成も行っておく事も節税に有効です。

 

この場合の作業にかかる費用も預貯金で持っていれば課税対象になりますが、生前にこの様な

 

費用として使えば税金を減らすことができます。これらの作業の結果、その物件が売却しやす

 

くなっても、評価額を増加させることにはなりませんので節税になります。

財産の評価を下げる方法

2014/02/07

所有する動産及び不動産などの財産には、各種税金がかかりますが、特に不動産に関しては固

 

定資産税という税金がかかります。この税金は、毎年1月1日現在の土地、家屋及び償却資産

 

の所有者として、固定資産課税台帳に登録されている者に対し、その固定資産の価格をもとに

 

算定される税額を、その固定資産の所在する市町村が課税するものです。

 
課税対象となるのは、土地、家屋及び償却資産です。

 
注意する必要があることは、課税額の算定基礎は、その土地建物の価格がいくらかということ

 

で、特に高い建物を建てた場合は課税額も高くなり、安い建物を建てた場合には課税額が安く

 

なるということです。また建物の構造により建物価格の償却率が変動し、木造が最も償却率が

 

高く、次いで鉄骨造、最も償却率が低く古くなっても建物価格が下がらないのは鉄筋コンクリ

 

ート造となります。そのためマンションなどは古くなっても建物分の税金が高いということに

 

なりがちです。

 
また建物の価格を見る際は、建材の価格及び建築設備の価格を積算しますので、高い建材や豪

 

華な設備を設置した場合は、必然的に建物価格が高くなり、課税額が大きくなります。

 
特に最近流行の太陽光発電装置の場合を例に考えると、屋根瓦一体型の太陽光発電装置は「発

 

電する屋根瓦」という高価な建材とみなして課税評価額に含めいれますが、屋根の上に載せる

 

上架型の太陽光パネルの場合、単なる付帯設備になりますので課税対象に入りませんので税額

 

は安くなります。同様に内装などでもPBにクロス貼りと、天然木羽目板仕上げでは後者の方

 

が税額が高くなります。上手に設計して建物の評価額を下げて、税金を節約したいものです

 

ね。

生命保険を使った節税の対策

2014/02/07

保険金の多くは課税されますが、種類によって、幾つかの場合について非課税枠があります。

 

例えば、障害、高度障害、後遺障害、医療の際の保険金、疾病、入院、通院、手術、特定疾病

 

の給付金、リビングニーズ特約の保険金、介護年金や介護一時金などの病気や怪我にかかわる

 

保険金や給付金は非課税枠に入ります。また、個人年金保険や死亡保険金の場合、保険の契約

 

者、被保険者、受取人の関係により非課税枠に入る場合もあります。課税される場合でも、贈

 

与税の対象となる保険金の場合、受取人を変更するなどして他のより課税率が小さい税の対象

 

となるようにするようにすると節税になります。生命保険の保険金は課税される場合がありま

 

すが、保険料の支払いの際には控除がありますので支払った金額のある分は戻り結果的に節税

 

になります。具体的には、公的年金の掛金の全額が社会保険料として控除され、厚生年金基金

 

でも全額が非課税となります。更に、個人年金保険料への控除があります。

 

保険や年金については、様々の制度が無関係に制定されていますので、統一的な制度の制定が

 

望まれていますが、当面は、現状についての十分な調査が必要です。

 

十分な調査を行い、制度を上手に利用すると節税になる場合が多くあります。

遺言を使った節税対策

2014/02/07

遺言によって問題なく遺産を分割できる場合は良いのですが、中には親族間で争議に発展するよ

 

うなこともあります。そのような場合には、後々まで尾を引かないように、きちんと遺産分割

 

協議をするのが望ましいでしょう。

 
遺産分割協議は、遺産を受け取る人全員による協議の下、決められます。

 

この時、「言った、言わない」などの揉め事が起こらないように、きちんと遺産分割協議書に詳

 

細を記し、全員の署名、捺印をしておく必要があります。話しがまとまらないような場合に

 

は、調停を申し立てるか、審判を仰ぐことになり、また時間がかかってしまいます。

 
税金は、亡くなられてから10ヶ月以内に申告し、納付する必要があります。

 

そのため、遺産分割がスムーズに行われなければ、申告や納付に間に合わなくなる場合もあり

 

ます。間に合わない場合には、延滞税などの余計な税金がかかってしまいます。

 
節税するためにも、できるだけ早く処理をしたいものです。揉めるような心配のある場合に

 

は、速やかに会計事務所や司法書士の力を借りることも必要かもしれません。

 
できるだけ節税したいならば、法に則った方法で遺産を速やかに分割することです。

 

遺産を分ける人数が増えると、結果、基礎控除額が増えるため、節税にもつながります。

課税する意味

2014/01/21

税金は様々な課税方法が存在していますが、その中には「より多くの所得を持っている人に対

 

してより多く課税する」という累進性を持つものも少なくありません。

 
こういった累進性のある課税は一見して、所得を大きくしようとするモチベーションを阻害し

 

たり、市場に自由に出回る資金を減少させたりといったデメリットが有るように見えます。

 
しかしながら、この課税方式が持つ役割は非常に大きいものがあります。

 
それが「富の再分配」と呼ばれる効果です。

 
所得に応じた課税を行うことで、所得が高い人ほど高い税金を払い、所得が少ない人ほど少な

 

い税金を払うことになります。

 
こうして集められた税金は公共事業や社会保障制度などを通じて、所得の少ない人に対して道

 

路の整備や公的年金や医療・介護などの社会保障給付といった形で恩恵をもたらします。

 
つまりこれは、所得の多い人がお金を税金として政府に納めることで、政府が所得の少ない人

 

に対してそのお金を分配しているということになるのです。

 
これによって社会内に存在する貧富の差を緩和することで、「お金がある人はさらに裕福にな

 

り、貧乏なひとはより貧乏になる」といった階層の固定化を解消・予防し、社会的な公平性を

 

維持できるようになるのです。

 
このことから税金は社会のあり方を是正し、より人々が活動しやすくするために必要なもので

 

あるといえるでしょう。