上手に節約するには?

 

 

相続税を上手に節約する方法があります。おそらくだれもがイメージできると思われるのが、

 

「生前に財産を減らしておく」という方法が一番手っ取り早いと言えば言えますが、しかし、

 

そうは言っても、不動産がたくさんある場合などはそう簡単に売りさばけるというわけでもあ

 

りませんし、また、仮に売りさばけたところで、売ったお金が入ってきてしまってはまったく

 

意味がありません。そうかと言って、見ず知らずの人間に無償で提供するわけにもいきません

 

から、思われている以上に難問であると言えるかもしれません。

 
最大のポイントは、いかに課税対象額を縮小することができるか、ということに

 

尽きます。その方法として現実的なものが、「贈与」です。

 

そして、不動産に関しては、その評価額を下げるための努力が功を奏する場合が

 

あります。特に資産価値のある「物」に対する生前贈与は、節税対策のもっとも

 

基本的な方法のひとつであると言えます。
また、金融資産を生前に贈与するという方法も当然考えられます。

 

特に金融資産が多い場合には、ある程度長期的なスパンで親族に贈与しつづける

 

ことが効果的であると考えられます。
ある程度制約がある中でもの節税対策は避けられないところですが、しかし、し

 

ないよりはしたほうがプラスになる場合が多いので、生前にしっかり対策してお

 

くことをおすすめします。